F











ホットトイズ ムービー・マスターピース アイアンマン・マーク7 レビュー

[ムービー・マスターピース]「アベンジャーズ」1/6スケールフィギュア アイアンマン・マーク7のレビューです。


MarkⅦ
[ 2013/08/17] レビュー | TB(0) | CM(0)

コトブキヤ ARTFX アイザック・クラーク レビュー

DEAD SPACE 3 ARTFX アイザック・クラーク (1/6スケール PVC塗装済み完成品)のレビューです。


isaac.jpg
[ 2013/06/10] レビュー | TB(0) | CM(0)

【マックスファクトリー】 羽瀬川小鳩&高山マリア レビュー


kobamari_sn.jpg


マックスファクトリーより、『僕は友達が少ない』から羽瀬川小鳩&高山マリアのダブルレビューです。
[ 2012/09/05] レビュー | TB(0) | CM(0)

N-Control The Avenger for PS3 レビュー

海外メーカーのN-Controlより発売されましたコントローラーアタッチメント、
『The Avenger for PS3』の手抜きレビューです。公式予約のpaypal経由送料込み約5600円で入手。

公式では5000個限定と謳っておりましたので、一応世界に5000個しか存在しない代物みたいです。
360版に続いてPS3版が出たので半分ノリで購入。FPS以外のジャンルにも使えそうだったし。
5000個限定品ですが、2月現在で普通にAmazonや楽天で購入可能です。なんかすげー高いけど。






パッケージ

av_1.jpg

直接このパッケージに送り状がテープで貼り付けられて送られてきたためかボコボコに痛んでました。
いやせめて外箱に入れてくれよ!?箱潰れて中身まで潰れてたらどうしてくれようかと…


中身

av_2.jpg

内容物はアベンジャー本体とディティールが書かれた紙とマニュアルとなんかURLが記載された紙が。
クッション代わりに薄いスポンジが1枚入ってるだけで緩衝材の類はなし。もうちょっとこう…さ…?


ディテールペーパー

av_3.jpg

マニュアル

av_4.jpg

マニュアルは360版の使い回しと思われます。うん、リサイクルは大事だよね!
全部英語で書かれていますが、まぁ特に読まなくても問題なかったです。


PS3アベンジャー本体

av_5.jpg

av_6.jpg

av_7.jpg

これで約4000~7000円もするんだぜ…?
どこらへんにそんなかかってるのか知らんけど精々1000~2000円やろこれ…


装着してみます。

av_8.jpg

av_9.jpg

取り付けは簡単。コントローラーをサンドする形で被せるだけ。
画像のように下に置いて上を被せるよりも、上にハメてから下を持ってくるほうが楽かも。


装着完了です。

av_10.jpg

こうやって見るとなんかメカニカルな感じでカッコいいです。アーマー装備で防御力が上がりました。
ちなみに右に貼ってあるシールには「2011 E3のナイスなアイディア賞受賞」的なことが書かれてます。


このアベンジャーの独特なフォルムを作り出している特徴的な3本のアーム。

av_12.jpg

それぞれ□ボタン、△ボタン、○ボタンに対応しています。
このアームを指で弾くことによって本来不可能な操作が瞬発的に実行できる、というものなんですが、
このアーム調節がなかなかにクセのある作業でして、下手したら即お釈迦になります(えー

av_13.jpg

アームは針金のように曲げたり回したり出来るので、自分の操作しやすい位置に動かせます。
が、はっきり言ってかなり曲げにくいです。それなりに力を入れないとちゃんと曲がりません。

しかもこのアーム、耐久性に難アリなようで、破損報告がいくつも挙がっております。
自分の場合は極力慎重に調整したからか折れるようなことはなく上手く調整できましたが、
これでは人によっては破損してしまうのも頷けます。もっと柔らかい素材で良かったんじゃ…


「指で弾く」の参考図。

av_14.jpg

ネジの調節具合にもよりますが、ほんとにチョンと軽く弾く程度でコントローラーは反応してくれます。
アベンジャーがすごいと言うよりも、コントローラーがすごいのかもしれません。


ネジを調節することにより、弾いた際にボタンに加わる力をお好みで変えられます。

av_11.jpg

さっきも言ったとおり僅かな力でもボタンは反応するので、ネジの先端部がボタン表面に
軽く触れる程度がちょうど良いかもです。あまり押し込みすぎるとボタンも痛みますしな。
しかしまぁ…これボタンの芯から結構ズレてると思うんですけど仕様っすか…?

あ、言い忘れてましたが、○ボタンのアームに関しては弾く、というより指付け根で「押し上げる」
と言ったほうが正解ですね。これもそれほど意識しなくてもボタンは反応します。
□アームは左手人差し指、△アームは右手人差し指、○アームは右手人差し指付け根、という感じ。


ネジ先端には一応ゴムグリップが付いているんですが、どうしてもボタンに跡が付いてしまいます。
そのためか、ボタン保護用(?)にこんなものも同梱されていました。

av_17.jpg

スポンジシールです。微妙に厚みがあります。…もしかしてこれ保護用じゃなくて微調整用か…?
貼ったら剥がすときにボタンに粘着質が付きそうなので恐くて貼ってません。
まぁ跡が付くと言ってもほとんど気にならないレベルなので、貼らないほうが無難かも…です。


R2/L2部分。

av_15.jpg

ゴムバンドを押し上げることでトリガーを反応させる仕組みです。
ゴムを使わなくとも、直接トリガーにあたるパーツで操作することも可能です。
場面によって使い分けることが想定されているのでしょうね。
ゴムであるため重みが感じられず、(個人差はあると思いますが)操作感は良いものではないです。
ただのゴムひもなので、使用状況によってゴムの劣化も心配されます。

av_16.jpg

ゴムは長さを調節して、張ったりたるませたりが出来ます。

R1/L1は通常通り操作可能ですが、R2/L2にあたるパーツが指にガリガリ干渉してきます。アホかと。
使用テストはしなかったのかと疑いたくなりますが、まぁおそらくテストしてこれなのでしょう…



ここまで各部のギミックについて説明してきたので総評。
まずこの価格設定でこの安っぽさは担当者に助走つけてドロップキックかましたくなるレベルです。
1000円ぐらいなら許せても、この価格でこの低クオリティは詐欺もいいとこですね。
コントローラー付きだったらこの価格でも納得できたのではないかと思います。

次に各部のギミックですが、これは結構使えるかなと思うものもあれば、これはアカンと思うものも。
個人的にゴムバンドは必要なかったんじゃないかなぁと…アームは慣れ次第ですかね。

ひとつ重大なことを言い忘れていましたが、アベンジャーの装着によりプロテクトのかさが生まれ、
SELECT/STARTがかなり押しにくくなります。十字ボタンも同様の理由で押しにくくなります。
これは個人的に一番気になった部分ですね、PSボタンは問題なく押せるんですが…

結論ですが、商品としては最低のウンコであり、購入はおすすめできません。
しかし発想は面白く、使い方次第では優秀な相棒に成り得る素質も秘めていると言えます。
お金に余裕があり、普段とは違ったプレイ感覚を味わってみたいという方は冒険してみては。
スキルがある人は自分で使いやすいように改造している方も居られるようです。

360版は評判がそれなりに良いようですが、PS3版はどうしてこうなったのか…







↓クリックして頂けるとハゲみになります
[ 2012/02/01] レビュー | TB(0) | CM(0)

Nyko Raven (Standard) レビュー

海外メーカーのNykoから発売されているPS3コントローラー、Raven (Standard)のレビューです。

このコントローラーを買う際にネットでレビューされている方が他に居ないかと探したのですが、
画像付きで詳細にレビューされている方を見かけなかったので、じゃあ自分でやったろうと。
このレビューが少しでも参考になれば幸いです。(他にされている方が居たら申し訳ない…)






パッケージはこちら。

raven1.jpg

裏面

raven2.jpg

スノーゴーグルのパッケージを思わせるようなクールな印象。
余談ですが届いたときは輸入品のためかかなり汚れてました…さらに開封の痕跡が^^;
まぁ検品(動作確認?)のために開封したのでしょう、細かいことは気にしないでおきます。


こちらが内容物。(マニュアルも入ってます)

raven3.jpg

充電用のUSBケーブル、USBスティック、そしてレイブンの3つ。
USBケーブルは完全に充電用なので、PS3に接続しての有線プレイは出来ません。
レイブンで操作するためにはUSBスティックを本体に接続する必要があります。
ただしケーブルとスティックを同時に接続して充電しながら操作、というのは可能です。
ちなみにマニュアルにはバッチリ日本語訳も記載されているので安心。


L1 / L2 / R1 / R2ボタン側はこんなん。

raven4.jpg


○×△□ボタンは純正コンよりも少し密集してる感じ。押し心地は若干弾力があります。
高さは純正コンよりも高く、箱コンよりかは少し低いかなって程度。
ストロークは純正と箱コンよりも深いと思います。慣れない内は押しにくいかも。
スティックにはくぼみがあり、セットした指が離れにくくなっております。
動かしたときの堅さは箱コンとほぼ同じ感じです。(PS3純正コンよりも堅い)

raven5.jpg


L1 / R1ボタンは純正コン&箱コンよりも平たく、横に長い形状をしています。
ストロークはかなり浅く、押したときに微妙な弾力も感じるので、
純正コンや箱コンに慣れていると若干押しにくく感じるかもしれません。
L2 / R2ボタンは箱コンのようなトリガー式になっており、感度はなかなか良好。
少し押し込めば反応すると思います。ストロークは箱コンよりかは浅い感じ。

十字キーは至ってシンプルですが、これまた弾力があり、慣れない内は押しにくいかも…
方向によって押したときの感触が違いました。この辺は個体差があるかもしれません。

raven6.jpg

十字キーは、ゲームテックから発売されているアシストパッド3(AA)に入っている、
方向キーパッドを取り付ければ押しやすさがかなり向上されるハズです。

raven14.jpg

↑の画像がキーパッドを取り付けた状態。まぁ別に付けなくても慣れればどうってことないでしょう。
高さが加わるので、人によっては逆に押しにくくなるかもしれないっす。


PSボタンには、このコントローラーの名前にもなっているワタリガラスのシンボルが!
SELECT/STARTボタンはどちらも同じ長方形で、純正コンよりかストロークは微妙に深いです。

raven7.jpg


そしてこちらはレイブンの裏側。
このコントローラー最大の特徴とも言えるのが、トリガースイッチの切り替えによる
L1 / L2 / R1 / R2ボタンの入れ替えギミックです。

raven8.jpg

AとBに切り替えることができ、Aはデフォルト、BはL1→L2 / R1→R2に入れ替えることが出来ます。
状況に応じて使い分けることでプレイの幅が広がるかもしれませんね。


純正コンとの大きさや高さの比較など。

raven9.jpg

raven10.jpg

純正コンよりも全体的に大きめですね。


箱コンとの比較。

raven11.jpg

raven12.jpg

大きさは箱コンと同じくらいですが、高さはレイブンのほうが若干あります。


ちなみにガワの裏面を開けるとこんなんなってます。
ネジは珍しい三角ネジ(1.6mm)なので、ガワを開けるには三角ネジ用の道具が必要です。
自分はこれ(AA)一本だけ使いました。

raven13.jpg

左右下部の爪のようになっている部分にはバランスウェイト(両方で40g)が入っています。
これを取り除けば、レイブンの重量を260gから220gまで軽くすることが出来るのでおすすめ。
それでも他のコントローラーと比べると結構重いですが…
スティック側のガワは戻せなくなったら恐いので外してません汗
後日挑戦しようと思っているので、そのときはまた画像等を追加したいと思います。

すいません無理でした


という感じのレイブンでしたが如何だったでしょうか。
最後になりましたが、マニュアルによると「人間工学に基づく独自のデザイン」らしく、
持ったときの感覚は手にしっかりフィットする感じで、握り心地がよく気持ち良かったです。
さすが人間工学に基づいて作られた独自のデザインだなぁと思いました。うん。


こちらで購入出来ます






↓クリックして頂けるとハゲみになります
[ 2011/09/18] レビュー | TB(0) | CM(0)





SEO対策:ゲーム SEO対策:アニメ SEO対策:ニュース SEO対策:漫画 SEO対策:フィギュア