F











STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム -8プレイ目(終)

岡部主人公の2つ目のシナリオである三世因果のアブダクションと、
綯ちゃん氏が主人公で今作のラストを飾るシナリオ、月暈のビヴロストをクリア。

130526_sg1.jpeg 130526_sg2.jpeg

三世因果のアブダクションは、タイトルからも予想できるように3つの世界線を叉に掛けた物語で、
世界線を変えるたびに次々と増えていく謎を少しずつ解き明かしていくというトリッキーな展開に。
まるで本編のシナリオを彷彿とさせるようなギミッキーな内容で、今作のシナリオの中でも
特にシュタゲらしいシナリオだと感じました。しかし良かったのは精々物語の中盤あたりまで…
後半からの失速感がヤバイです。いきなりシリアスからギャグ路線になったとでもいいましょうか、
序盤~中盤あたりまではすごく物語に引き込まれる内容だっただけにこの点はかなり残念でした。

月暈のビヴロストは、ブラウン店長とまゆりが死亡した世界線から約2年後の秋葉原が舞台で、
中学生に成長した綯を主人公とするシナリオ。一番最後にプレイできるようになります。
ダルとの絡みがメインで、2年後も女子中学生相手に相変わらずのHENTAIっぷりを発揮しています。
ダルのおかげで思っていたほどシリアスさはなかったですが、かなり切ないシナリオではありました。
太陽嵐やダルの協力者の存在など一部ロボティクス・ノーツとの関係を匂わせるような小ネタが
チラッと出てきたり、ゲーセンで格ゲーに興ずる綯ちゃん氏を見られたりとニヤッとできる場面も。

全シナリオクリア後に未回収メールを埋めていきました。シナリオごとに分かれてるので埋めやすい。
というわけでようやくプラチナ獲得。ひとつひとつのシナリオは短いのでサクッとクリアできますが、
全部で11個ものシナリオがあるので、全体的なボリュームとしては割と十分に多かったですね。

130526_sgpt.jpeg

どのシナリオも良かったですが、個人的に特に面白かったシナリオは絢爛仮想のファムファタールと、
雨鈴鈴曲のスクレイパー、三世因果のアブダクション、月暈のビヴロストあたりですかね。
そう言えば旧・万世橋駅の銃弾の真相は謎のまま終わってしまったけど、結局何だったんだろあれ…

さて、シュタインズゲートは今後ゲームで新作が出ることはあるのでしょうか…流石にもうないよね…?
未来編とかあったら面白いかもとは思いますがどうでしょうね。ターミネーター4みたいな感じで。



↓クリックして頂けるとハゲみになります
[ 2013/05/27] PS3 STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://t002tyrant.blog97.fc2.com/tb.php/1358-430cec9c







SEO対策:ゲーム SEO対策:アニメ SEO対策:ニュース SEO対策:漫画 SEO対策:フィギュア