F











白川郷と五箇山へ行ってきた!~ひぐらしのなく頃に 聖地巡礼~

5月2日~3日に、卒業旅行で石見銀山(記事)へ行った時の友達と2人で白川郷と五箇山へ行ってきました。
白川郷へ行くのは今回で2回目でして、約8年ぶりぐらいですね。(当時ブログに書いた記事
今回も聖地巡礼ということで、そういう場所を中心に散策してきました。ちなみに友達もひぐらし好きです。

150502_30.jpg

今回は舞鶴若狭自動車道から行ったんですが、大体5時間ちょいの運転で五箇山まで着きました。

途中休憩で寄ったパーキングエリアから見えた日本海が綺麗だったので撮っておきました。
150502_1.jpg

ということでまずは五箇山から観光スタート。有料駐車場からちょっと歩いたところにありました。
この風景は集落を抜けた先で撮影したもので、壮大な山々が連なる自然の景色に心が洗われました。
150502_2.jpg

まだこのあたりの地域にはこの時期でも雪がかなり残ってます。
150502_3.jpg

集落の様子
150502_4.jpg
150502_5.jpg
150502_6.jpg

名前忘れたけど神社とかがありました。
150502_7.jpg

高い木がいい感じに並んでます。
150502_8.jpg

こういう風景、大好物です。
150502_9.jpg

雪がめっちゃ残ってますね。
150502_10.jpg
150502_11.jpg
150502_12.jpg
150502_13.jpg

この下の2枚は穴場的スポットから撮影したもの。下界の様子が一望出来て最高に綺麗でした。
150502_14.jpg
150502_15.jpg

とある民宿の玄関横にあった水溜め場。風情を感じるな…
150502_16.jpg

白川郷よりも小さく、田舎って感じがします。
もう夏場並みに暑かったのでTシャツ1枚で余裕だったんですが、あの暑さでなぜ雪が溶けないのか…
150502_17.jpg
150502_18.jpg

展望場所の恐らく一番高いところから撮影した集落。ここまで登るのにかなり苦労しました…
150502_19.jpg

観光客はやはり結構来てて、何店か食事が出来る店はあるんですが満員で入れませんでした。
取りあえず白川郷まで行くかってことで昼飯はあとにして移動開始、この時点で確か14時半ぐらい。

五箇山から白川郷まで移動してる道中で見つけた横断地下道。
「えっ、こんな田舎道に地下道が!?ちょっと行ってみようぜ!!」と引き返して車停めて見に行きました。
150502_20.jpg

中の様子。短い距離ながら中には絵が描かれた板が3枚展示してあり、光もちゃんと点いてました。
すぐ近くに廃校になった中学校があったんですが、そこの生徒が描いたのかな?
150502_21.jpg

こんな感じの絵ですが、やっぱり地元の小学生が描いたものでしょうかね。
150502_22.jpg

横断地下道の付近の風景。引き返して見に行って良かったです、これぞ旅の醍醐味。
廃墟になった校舎は初めて見ました…田舎の学校とか生徒数少ないだろうしなぁ…
150502_23.jpg

その後再び車を走らせて白川郷の近辺にある、道の駅白川郷へ到着。
ここでようやく昼飯です、確か16時ぐらいになってました…飛騨牛めしと飛騨牛まんがめっちゃ美味かった。
150502_24.jpg

白川郷へ到着したのは16時半ごろでしたが、割と空いていたので普通に駐車場に停められました。
ここからかなり時間が押していたので駆け足気味で散策。取りあえず梨花ちゃんハウスをパシャリ。
150502_25.jpg

嘘だッの坂。この時間帯だと人の往来がそこまで多くなかったです。
150502_26.jpg

展望台にある梨花ちゃんのお気に入りの場所。
150502_27.jpg

白川郷に来てやはりこの景色を見ずに帰るわけにはいきません。
この展望台は人気スポットなので観光客がたくさんいます。景色を背景に友達と写真を撮り合ったりしました。
150502_28.jpg

そう言えば城山天守閣の展望台に行くの忘れてた…次こそは行っておきたい。
150502_29.jpg

お次は古手神社へ。夕方だったので周りに観光客はおらず自分たちだけでした。
150502_31.jpg
150502_32.jpg

たくさんの痛絵馬が奉納されています。
白川郷にはここ以外にひぐらし関連のものが全然見当たらないので、見ると安心出来るという…
150502_33.jpg

今度来たら自分もなんか描いて奉納しようかな。
150502_34.jpg

ギャバンの絵馬を奉納したのは誰だあっ!!
150502_35.jpg

1日目はここで切り上げて急いで車まで戻ったんですが、この時点で17時40分ごろ。
一応18時が予約してた旅館のチェックイン時刻だったので超特急で向かいました(無論安全運転です)。

宿の手配がかなりギリギリになってしまい、確認したときは白川郷やその近辺の宿は軒並み満室でして、
近くの宿は諦めて、白川郷から1時間かそれ以上離れたところにある民宿にしようとしていたところ、
たまたまチェックしたらキャンセルがあったのか、今回の旅館を予約出来たという…運が良すぎました。

なんとか時間に間に合って、荷物を部屋におろして15分後ぐらいに夕食へ。
飛騨牛やイワナ、野菜などを炭火で焼いて食べました。特に飛騨牛の美味さはハンパなかったです。
水を飲みすぎたのと思っていた以上にボリュームがあったので満腹で食い切れないかと思いました…
150502_36.jpg
150502_37.jpg

夜は疲れすぎていたので布団に横になってたらいつの間にか寝てて、起きたら12時ぐらいになってました。
友達はずっとゲームして過ごしていた模様。温泉は予想外に狭かったみたいなので別々で入りに行きました。
次の日、2人とも目覚ましをセットするのを忘れていて、宿のおばさんに起こされるまで爆睡しており…
予定では7時に起きて8時に朝食だったんですが、起きたら8時半だったので速攻で飯食いに行きました…

朝食は焼き味噌や湯豆腐など、これまた美味くてご飯が何杯もいけそうでした。
150503_38.jpg
150503_39.jpg

この日も白川郷へ行く予定だったんですけど、想像以上に駐車待ちの車やバイクで大渋滞しておりまして、
先に道の駅白川郷の付近にある、前原屋敷と祭具殿のモデルになった建物を見に行くことにしました。

祭具殿。道の駅のすぐ真正面にあるので分かりやすいかと。
試しに中を覗くと…そこには恐ろしい拷問器具の数々が!なかった!
150503_40.jpg
150503_41.jpg

そして道の駅の裏手にはK1ハウスが!これも遠くから一目で分かる位置にあります。
150503_42.jpg
150503_43.jpg

下水処理施設なのでかなり大きいです。
門の横に柵があったみたいなんですが完全に倒れてまして、近付いて撮影出来ました。
150503_44.jpg

K1ハウスのすぐ左隣にあるダム工事現場。
ゲームの背景と山の形とかが一致するので軽く感動したりしてました。
150503_45.jpg
150503_46.jpg
150503_47.jpg

近くの川も適当に何枚か撮影しておきました。
150503_48.jpg
150503_49.jpg

ここら辺の奥の山も背景と一致してたり…
150503_50.jpg

反対方向の道路側にある川は色が緑色に見えました。
150503_51.jpg

道の駅周辺を一通り散策し終えたところで白川郷まで歩いて移動。
相変わらず大渋滞しておりましたが、徒歩なら20~30分で着きますし運動にもなって一石二鳥です。
さらに駐車料金(500円)も浮きますし、風景もじっくり楽しめるから一石四鳥ぐらいはありますね。
ちなみに自分たち以外にも巡礼者と思われる方々が何組か来てて、祭具殿や前原屋敷を撮影していました。
祭具殿や前原屋敷なんて一般の観光客は見向きもしませんから、興味示してたら間違いなく巡礼者かと。

ここから再び白川郷。有名スポットの水車です。
150503_52.jpg

昼飯は白川郷内にあるお店で山菜そばを食べたんですが、あっさりしててほんとマジで美味すぎた…
お値段はまぁ観光地価格なので仕方ないですが…他にはカレーそばなどのメニューもありました。
150503_53.jpg

アニメ「解」OPラストに登場する水路の橋と屋根。裏道ですが意外と人の通りが多い通路です。
ちなみに橋に立って正面を向くと店があり、窓からテレビで妖怪ウォッチが流れてるのが見えました…
150503_54.jpg
150503_55.jpg

真ん中が明善寺の本堂で、右の大きな建物が庫裡郷土館です。
窓からは撮影しているたくさんの観光客が見えました。自分も行けばよかったかなぁ…
150503_56.jpg

鉄平ハウス。玄関横に吊り下げてあるバケツは原作背景を撮影した頃からあるようです。
150503_57.jpg

梨花ちゃまのおうち。相変わらずこの角度しか撮ってないので別のアングルからも撮っておけばよかった…
150503_58.jpg

この2軒はレナの家。完全に人様のお家なので本来なら撮影許可を取るべきなのですが…
150503_59.jpg
150503_60.jpg

鉄平宅、梨花ちゃん宅、レナの家、嘘だッの坂はそれぞれ近距離に密集しており、巡礼者には欠かせない
撮影ポイントとなっていますが、一般観光客は完全スルーするので、撮影してる方がいたら恐らく巡礼者。
自分も撮影し回ってると、ひぐらし関連の会話をしている巡礼者の方々とかなりの頻度ですれ違いました。

梨花ちゃんハウスの裏手には地下祭具殿入口や大臣の孫監禁小屋(跡地)があるんですが、
場所がよく分からなかったのと時間が押していたので今回は見れませんでした…次こそは必ず…!

園崎庭園のモデルになった場所がある合掌造り民家園からの帰り道で撮影した川とであい橋です。
こちらのエリアは駐車場からやってくる観光客の群衆でごった返していました…まぁ流石にGWですしねぇ…
ちなみに合掌造り民家園は入園料がかかるのと時間が押していたのとで、入らずに引き返しました。
この時点で友達は完全に疲れ果てており、「2時間ぐらい川辺でボーッとしていたい」とか言っておりました。
150503_61.jpg

レナと待ち合わせの場所。本覚寺の正面辺りにあるのですが、見付けるまでに多少手こずりました…
原作背景っぽいアングルでしか撮影してなかったので、別のアングルからも撮っておけばよかったなと後悔。
150503_62.jpg

この辺でちょっと休憩です。合掌造りの喫茶店「落人」でぜんざいを食べました。
150503_63.jpg

600円でぜんざいが食べ放題。2杯目からは白玉は入ってませんが鍋から自由におかわり出来ます。
赤カブの漬物も付いてました。他にはコーヒーやカレーなどのメニューがいろいろ。
150503_64.jpg

店の窓からの風景。店内にはコーヒーカップなどが飾ってあり、すごくお洒落で居心地のよい雰囲気でした。
150503_65.jpg

後から知ったんですが、ワンピースの尾田先生が過去に訪れており、チョッパーの絵を描いて帰ったそうで、
直筆のイラストが店内に飾ってあったそうなんですがまったく気付かずに帰ってしまいました…ちくしょう…

公由家と轢き逃げの道。レナの家の近くにあり、遠くにポツンとあるので見付けやすいです。
150503_66.jpg

結構大きめの小屋なんですが、何が入ってるんでしょうか?
150503_67.jpg

小屋の裏側から。ここまでわざわざやってくる一般観光客は皆無でしょうね…
150503_68.jpg

小屋の裏手の草むらを降りていくと農道に出まして、そこを辿っていくと診療所まで着きます。
150503_69.jpg

園崎家本家のモデルとなった和田家住宅。今回は時間がなかったので中には入ってません。
150503_70.jpg

入江診療所。前の方がバスターミナルになっており、バスの出入りが激しいので写真が撮りにくい…
どうやら移転のために平成27年度に取り壊されるとのこと…これで見れるの最後になるのかなぁ…
150503_71.jpg

このあたりで時間が流石にヤバくなってきたので急いで徒歩で来た道を戻り、白川郷を後にしました。
次は沙都子が圭一を突き落としたあの吊り橋のモデルになった橋まで約1時間かけて車で移動しました。
場所がちょっと分かりづらかったですけどなんとか到着、若干進みすぎたりしてたので引き返したり…

吊り橋。着いた頃にはすでに暗闇に包まれてまして、心霊スポットのような雰囲気が漂ってました。
150503_72.jpg

冗談ではなくガチで怖かったです…向こうから何か走ってきたらどうしようとか話しながら進んでました。
150503_73.jpg

渡りきった先の光景。道は山の上の方に続いているようでしたが、異界に吸い込まれそうな感覚が…!
150503_74.jpg

カメラの補正で多少は明るいですが、肉眼で見ると本当に真っ暗でした。
150503_75.jpg

橋の方を振り返るとこんな感じ。かなり長い橋で、歩いて渡り切るのに約2分はかかるかと思います。
橋を戻ると巡礼者と思われるカップルと遭遇しました!落ちろ!!落ちてしまえぇええ!!
150503_76.jpg

かつて雛見沢分校があったと思われる場所には別の建物が建設されておりました。
150503_77.jpg

奥の方にもあります。2棟とも森林管理署ですかね?
150503_78.jpg

シルエットだけならなんとなくそれっぽく見えないでもない…かも…
150503_79.jpg

そう言えば巡礼者ノートがどこかに置いてあったようなのですが、暗くてよく分からなかったです…
この時点で19時を回ってたので急いで名神高速通って帰路へ、帰りは友達に運転してもらいました。
やはり渋滞に巻き込まれはしましたが、思っていたよりも早く空いたのでなんとかなりました。
余談ですが、渋滞待ちしてたら前にレーシングミクの痛車が横から突っ込んできて笑いました。

そんな感じで渋滞抜けて途中でサービスエリア寄ってロッテリア食べたりしながら無事に帰宅。
家に着いたら深夜2時頃になってまして、お土産や荷物の整理は次の日にして速攻で爆睡決め込んだぜッ!

今回の旅行では時間の都合で行けなかったところが割と多かったので、ぜひまた行ってみたいですね。
今度は事前にさらなる入念なチェックをしておいてから雛見沢に挑みたいと思います。別の奴と行くかな…
やはり観光地だけあって休日は観光客がワラワラしてるので、そこだけちょっと残念感がありますかね。



↓クリックして頂けるとハゲみになります
[ 2015/05/04] 旅行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://t002tyrant.blog97.fc2.com/tb.php/1881-0e1f2d4a







SEO対策:ゲーム SEO対策:アニメ SEO対策:ニュース SEO対策:漫画 SEO対策:フィギュア